フランチャイズとは

フランチャイズとは何でしょうか。フランチャイズの説明をすると、たとえば、新商品を開発した企業があるとします。この企業がその新製品を広く販売しようとした場合、単に卸売業者や小売業者に商品を渡して売ってもらう方法では不十分と考えましたが、自ら直接不特定多数の消費者に売る力はありません。そこで、一定の地域ごとに販売機能を担当してくれる店を選び、商品を販売してもらうと同時に、商標や商号などを使用する権利を与え、商品販売に関するノウハウを提供し、さらに効果的に販売していくための各種の指導や援助を行なうことにしました。企業は、こうした販売権や販売方法の指導などを提供する代わりに、販売店から見返りとして、一定の対価を要求することが出来ます。このような契約することを「フランチャイズ契約の締結」と呼びます。いわばフランチャイズシステムが成立したことを意味します。このような方法は、新商品の場合だけではなく、あらゆる業種の販売やサービス活動面でも適用できます。たとえば、ホテルやレストランなどがチェーン店を開設していく場合でも、また小売業がチェーン展開していく場合でも可能です。事実、欧米でもそうですが、日本においてもサービス業や流通産業において、このシステムはとりわけ普及しやすい性格を持っています。このようなシステムが評判を受け、現在では多くの業界がフランチャイズシステムを導入しています。消費者には直営なのかフランチャイズなのか判断できないため、どちらも同一のサービスを徹底する必要があります。